東京ウエルズTALK やるなら「世界一」が面白い!

世界一の新製品を丸ごと設計し、自ら組み立ててみたい。

人を大切にする社風に惹かれて、入社

大学では理工学部機械工学科に所属しており、材料系の研究に取り組んでいました。高速テーピング機に関する知識は当初なかったのですが、世界に大きな市場がある中で、日本の中小企業である東京ウエルズが圧倒的なシェアを獲得しているということを知り、「それを支えている技術力というのは、どれぐらいすごいものなんだろう?」と興味を持ちました。そしてもう一つ心を惹かれたのは、東京ウエルズで働いている社員の温かさ。特に当時の人事担当者がとても親身に対応してくれたことが嬉しかったですね。特に印象的だったのは、その方が私の技術者としてのキャリアを考え、東京ウエルズ以外の魅力的な会社のことまで教えてくれたこと。人を大切にする社風を感じ、入社を決めました。

最高の精度を保つため、妥協のない設計技術を磨く

私が現在担当しているのは、外観検査装置の設計と製造です。外観検査装置のベースマシンはすでに完成しているのですが、お客様によって少しずつニーズは違うので、それに応えるカスタマイズを行う必要があります。その際の設計・製造を行うわけです。検査対象となる部品を撮影するカメラや照明を取り付けるユニットや、不良品の選別に欠かせない排出ノズルなど、装置の性能に直結する部品を設計することも多いので、責任は重大です。機械設計において難しいのは、精度や性能を高めるだけではなく、製造時の工数や、納品前後の調整のやりやすさまで考慮しなければならないこと。装置の取り付け時に発生し得る微妙な誤差まで計算して設計しています。経験豊富な先輩にアドバイスを受けながら、設計者として技術を磨くのは楽しいですね。

お客様と直接会い、喜んでもらえるやりがい

東京ウエルズは技術者の人数が比較的少ないので、私のように設計と製造の両方を任せてもらえるケースも珍しくありません。自分で苦労して設計した装置を、自分の手で組み立てていく仕事は、機械好きにとっては楽しいですね。一つの製品を組み立てるのに2週間ほどかかるので、完成したときの達成感は大きいです。でも、一番好きなのはお客様のもとに伺って装置を設置したり、その後のフォローをしたりすること。納品後しばらく経って、「東京ウエルズの装置は他社の製品と比べて圧倒的に速いね! 今までに検知できなかった不良品も正確に選別してくれるからすごく助かっているよ」などと喜んでいただけたときには、頑張って良かったな、と心から思えます。

世界ナンバーワンの新製品を、自ら丸ごと設計してみたい

外観検査装置の需要は世界的に急激に高まっていて、受注台数もどんどん増えています。それは嬉しいことなのですが、その分製造部門への負担が大きくなっているのも事実で、製造工程を短くすることが新たな課題となっています。それを解決するため、私は現在製造工程の改善に取り組んでおり、試行錯誤している真っ最中。今までと違うチャレンジにやりがいを感じます。そして将来の目標は、世界一の性能を誇る新しい装置を丸ごと自分の手で設計すること。そしてそれを自ら製造し、お客様のもとに届けること。そうして自分が開発した装置でお客様に喜んでいただけたら、それ以上に嬉しいことはないですね。

未来の同僚へのメッセージ

就職活動はなかなか大変だと思いますが、いろんな会社に出会える貴重な機会でもあります。たくさんの会社を訪れ、たくさんの人に出会い、幅広い価値観や知識を吸収して社会人生活に役立ててほしいと思います。

ENTRY
INTERVIEWS TOPへ戻る
採用専用ダイヤル