「東京ウエルズ」について

性能・シェア世界一の実績 東京ウエルズは、知る人ぞ知るエクセレント企業です。

東京ウエルズとは

東京ウエルズは、電子デバイス生産用設備の開発製造メーカーです。
スマートフォンやウェアラブルデバイスなど、最先端の電子デバイスは非常に微細なチップ部品が多数組み込まれ製造されています。

当社は、これら電子デバイスに部品の組み込みを行うための生産用設備である高速テーピング機や測定分類機、外観検査装置などを開発製造・販売しています。

この分野において、累計出荷台数10,000台を超える大ヒット製品、高速テーピング機「TWA-6000シリーズ」を有するなど、世界中で「No.1」として高い評価をいただいています。

最先端電子デバイスの小型化・高密度化の流れは今後よりいっそう強まっていくと考えられます。これにともない、生産用設備に対する高速・高精度化のニーズもいっそう加速すると考えられます。

東京ウエルズはこれらニーズに対応した高付加価値な設備を提供していくとともに、さらにその先の未来へとつながる新たな技術革新に果敢に挑戦していきます。

東京ウエルズの製品と技術力

角チップ電子部品検査
テーピング機の一部

1分間5000個を超える「世界最速」の技術

東京ウエルズの主力製品、高速テーピング機は、1分間に平均5000個以上のチップ部品を格納します。他の追随を許さないこの処理速度により、世界のテーピング機市場で7割のトップシェアを誇ります。総売上のうち50%が海外との取引になります。

高性能電子デバイス生産を支える3つの強み

角チップ電子部品検査
テーピング機の一部

電子デバイスの高性能化には、組み込み部品の極小化や高機能化が必須です。これらの組み込み実装を可能にするには、「計測技術」「画像処理技術」「テーピング技術」の向上が不可欠です。東京ウエルズはこれらの3つの技術に強みを有し、高速、高信頼性を得ています。

東京ウエルズの技術は
最先端デバイスの製造・供給を
下支えしています。

未来の都市生活の実現に貢献

スマートフォン、タブレット、ウェアラブルデバイスなど未来の都市生活を象徴する電子製品は機能向上などバージョンアップが早く、開発からリリースまでスピードが要求されます。デバイスの開発スピードや市場ニーズに遅れることなく、これら製品が安定的に消費者に届く背景には、東京ウエルズの技術が活躍しています。

東京ウエルズのバックグラウンド 〜当社の誇り〜

妥協なき研究開発を支える安定した財務体質

当社は1971年の創業以来、40年以上一度も赤字になったことがありません。無借金経営で抜群の財務体質を誇ります。この財務体質は、製品の「研究開発」においても強みのひとつといえます。
先進技術が搭載される当社製品の開発には、開発用の設備やソフトウェアなど多額の開発コストを必要とします。設備やコスト面において妥協することなく研究開発に打ち込める当社の環境は、安定した財務体質によって実現しています。

沼津新工場

2015年5月に沼津新工場が竣工

優秀な技術者を育成する体制や仕組み

東京ウエルズの技術力を支えているのは、言うまでもなく一人ひとりの技術者です。当社では技術者育成のための研究開発費は、中小企業としては破格なほど投入しています。
主力製品であるテーピング機や外観検査装置の開発のためには、機械系の技術の他、制御系、電機・電子系、計測系、画像処理系(情報系)といった幅広い知識・技術が必要になります。当社にとって理想の技術者とは、これらのうち1分野において誰にも負けないほどの深い技術を極め、なおかつ他分野にも対応できる広い知識を持った人です。
そういう人材を育てるため、各分野のベテラン上級技術者で構成された教育委員が中心となって社内セミナーを開き、外部セミナーや通信教育なども利用した教育カリキュラムを実施しています。

ENTRY
採用専用ダイヤル